メニュー 閉じる

発酵リビングフードとは?

発酵リビングフードとは

What is Fermented Living Food

発酵リビングフードとは

発酵リビングフードとは、日本古来よりある伝統の「発酵食」の力と、食材の栄養素をそのまま摂り込む「ローフード」を掛け合わせた、新しい健康的な食事法です。

 

近年、「ローフード」という言葉が浸透してきましたが、まだまだ、その理解度は低く、ロー=生ものだと思われている方が多いようでが、実はそれは間違いなんです。

 

本当の「ローフード」とは、食物内の“酵素”が生きている状態のことを指します。

 

ですので、お刺身などは生なのですが、“死んでいる”食材なので、「ローフード」とは呼びません(また、ローフードでは、動物性たんぱく質は、基本的に摂取はしません)。

 

また、野菜なども加熱してしまうと、生きている酵素が死滅してしまいますので、ローフードでは、加熱しても48度までであれば良しとしています。

 

ですので、ローフードで食材に含まれている“生きている”酵素を摂取することだけでも良いのですが、さらに、生きた酵素を効率よく摂取するために、ここで「発酵食品」も合わせて食べることで、その効果が増大します。この発酵×ローフードの食べ方・レシピを、『発酵リビングフード』と呼びます。

素晴らしい発酵の力

日本古来よりある伝統的な食品である「発酵食」。

 

質な菌(植物性乳酸菌)が、生きたまま腸に届くことで、腸内環境が整えられ、便秘解消から始まり、カラダ全体が整っていきます。

 

発酵リビングフードの考え方では、通常の食事の5割〜7割、発酵リビングフードを摂取することで効果が出るとしています。普段の食事に、発酵食品(納豆やキムチなど)と生野菜をたくさん摂ることでOKです。

 

しかし、これではバリエーションが少なく飽きてしまいます。

 

そこで、考え出されたのが、発酵リビングフードレシピです。

 

非加熱でありながら、発酵の旨味と力で美味しく、食べた後でカラダがポカポカしてきます。

発酵ジュースを調味料に

発酵リビングフードレシピでは、「発酵食」を調味料として使用します。

 

代表的な発酵調味料には、お醤油や味噌などがありますが、これらはもちろんのこと、もっと良質な菌が含まれている「手づくり発酵ジュース」を使います。

 

手づくり発酵ジュースは、旬の果物と砂糖(上白糖)によって発酵させたものになりますが、この発酵ジュースと、その搾りカス(発酵フルーツ)を料理に加えることで、様々な恩恵があることに気がつきました。

 

発酵による菌(微生物)が生み出す力は、食材の抗酸化力が高め、保存性を高め、味をまろやかにし、食材が持つ本来の味をさらに引き出し、消化吸収を高める等・・・本当にすごいパワーを秘めています!!

 

これを、ローフードレシピに加えることで、さらなる栄養吸収と消化促進、そして、整腸作用によって、カラダを正常な状態に戻してくれるのです。

“腸”は第二の脳

『腸は第二のブレイン(脳)』と言われていることをご存知でしょうか?

 

『腸脳相関』と言って、腸と脳は密接に繋がっています。腸内環境が整うことで、頭もスッキリしてくるのです。

 

腸脳相関とは・・・

  • 腸内に入ってきた物質を良いか悪いかを判断する以外に、それをパターン化して記憶する仕組みの他、様々なホルモンを生産する。
  • 交通事故で脊髄を損傷しても、脳が働かなくなって植物人間のように脳死の状態になっても、腸は正常に働き続ける。
  • 腸は外界からの病原体の侵入をくい止める最大の免疫器官。
  • 腸内に入ってきた物質を良いか悪いかを判断する以外に、それをパターン化して記憶する仕組みの他、様々なホルモンを生産する。
  • 腸はガン細胞のような体内で発生した異常な細胞や、老廃物の排除を行う。腸内に入ってきた物質を良いか悪いかを判断する以外に、それをパターン化して記憶する仕組みの他、様々なホルモンを生産する。
  • 人間の腸内に住み着く善玉菌・ビフィズス菌は、ビタミンB群やビタミンKを合成し、貧血を予防したり、肌荒れを防止する。
  • 腸がキレイだと、免疫力が高まって健康度がアップする。
  • 腸は余分な糖分・塩分・脂質・アルコールの吸収を妨げる。
  • 腸内環境が整っていると、新陳代謝がよくなり、 脂肪の燃焼や余分な水分の排出がスムーズになる。

『発酵食』は、第二の脳である腸内にある「腸内フローラ」を整え、腸の働きを高めると言われています。

 

  • 私たちのカラダにどのような効果をもたらすのか?
  • 本当の意味での体調改善とは何か?
  • 多くの健康情報が溢れる中、ぶれない健康法とは何か?
  •  

というこれらの理論は、ATTiVAリビングフードアカデミーの「発酵リビングフード1・2級講座」で学ぶことできます。

 

そして、腸内を綺麗にし、最高の健康をもたらしてくれる「食べ方」と「調理法」を習得することができます。

歳だから・・・と諦めていませんか?

調子が悪くなったり、病気になると「歳だからしょうがない」とよく耳にしますが、また、実際に医師からそう言われることもあります。しかし、本当に年のせいなのでしょうか?

 

医学の祖ヒポクラテスは、今から2,400年前に「自然と調和した生き方・食べ方をしていれば、病気や肥満を予防することができる」「人間が病気になるのも、自分自身を修復するのも自然の働きであり、病気を治すのは患者自身が本来持っている自然治癒力である。」と、言い表しています。

 

心身の不調は、決して年のせいではなく、これまでの食事や睡眠、運動、思考のあり方を含めた生活習慣からくるものなのです。

 

「日々、何をどう食べるのか?」

 

もし、あなたが今、健康上の問題を抱えているのであれば、今、この瞬間からの“選択”によって自分と未来は変えられるのです!!

 

「発酵」と「ローフード」を掛け合わせたATTiVAがご提案する『発酵リビングフード』を摂り入れたライフスタイルで、あなたの最高の健康を引き出してみませんか?

手づくり発酵ジュース教室に してみませんか?

あなたの体内に溜め込まれた毒性物質などを強力にデトックスして、自然界が教えてくれた魔法のジュースを一緒に作ってみませんか?

 

ATTiVAでは毎月、国産のこだわりの旬の素材を有機農法やエコフアームの生産農家さんや有機野菜を扱っている卸専門の会社から直接お取り寄せしています。

 

個人ではお取り寄せしにくい極上の素材を使って、クラスのみんなと一緒に楽しく、あなただけの「手づくり発酵ジュース」を漬け込んでいきます。

 

「手づくり発酵ジュース」は、ATTiVAリビングフードアカデミー東京本校をはじめ、日本全国各地で学ぶことができます。

手づくり発酵ジュース教室を してみませんか?

「手づくり発酵ジュース」を広める仲間になりませんか?

手軽に始められる、また健康増進のための発酵リビングフードの基礎にもなる「手づくり発酵ジュース」を教えることができる資格取得制度があります。

資格取得後は、ご自宅などで「手づくり発酵ジュース教室」を開催することができます。

さらに、「発酵リビングフード」を教えることができるインストラクター制度もあります。

「健康」や「食」を仕事にしたい、今行っている仕事に深みを持たせたいと言うことであれば、ぜひ、ご参加下さい。